アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

SBI申告漏れでも名が出た、森喜朗元首相もう一人の息子のIT系企業(上場したところも)現状

 東証1部「SBIホールディングス」の申告漏れに関し、小林温参議院議員が設立時、代表に就いていた「シービス」なるIT系企業が関係し、その監査役に森喜朗元首相の長男・祐喜氏が就いていた(2000年4月?01年11月)ことは本紙既報の通り。 この就任時期、森氏がちょうど首相になり、IT系企業育成のために自らが本部長になって立ち上げたIT戦略会議の設立時期ともほぼ重なることから、政治的なものを感じないわけにはいかないと述べておいた。 そこで、改めて森元首のもう一人の親族が関わるIT系企業の現状を確認してみた。 その親族とは、森首相の長女・陽子さんと結婚した藤本真佐氏(写真左)。 姓が違うことから、その関係をご存じない方もいると思うが、祐喜氏より藤本氏の方が遙かに深くIT系業界に関係している。 そもそも、森氏が首相就任と同時に前出・戦略会議を立ち上げたのは、藤本氏に触発を受けてのこととの見方が有力だ。 その藤本氏は現在40歳。青山学院大学時代に起業しており、“日本のビル・ゲイツを目指している”と紹介されたこともあるほど。 彼が関わる企業のなかには、すでに上場を果たしているところもある。ヘラクレス上場の「アイ・エム・ジェイ」(東京都品川区)がそう。 企業のWEBサイトや携帯サイト構築コンサルティングが主力。ただし、同社が上場した(2001年9月)時期、すでに役員を去っていた。とはいえ、そもそも藤本氏が設立、2000年10月まで社長、同年12月まで取締役会長を務めていた。 一方、現在も藤本氏が代表を務める「デジタルハリウッド」(東京都千代田区)はITデジタルコンテンツの人材育成のための学校運営会社。前出のアイ・エム・ジェイはデジタルハリウッドが分離してできた会社で、メーンキャンパスはJR秋葉原駅前の再開発地区内ビル(写真右)に入居する。 そして学校と言えば、まさに許認可事業。同社は専門学校、4年制大学の認可も取っており、もちろん、本人の熱意や能力の賜だろうが、義父・森首相は元文部大臣で文教族のボスであることを思えば、森氏の政治力と無関係という方がむしろ不自然だろう。 また、藤本氏は「スパイラルスター」という投資・コンサルタント会社の代表も務めている。 この3社に共通するのは、いずれもビデオレンタルなどを全国展開する「TSUTAYA」でお馴染みの東証1部「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」系列である点。 上場しているアイ・エム・ジェイの約45%を握り、デジタルハリウッドは50%を超え連結対象会社。スパイタルスターに至っては、カルチュア系会社が100%握っている。 一方、上場しているアイ・エム・ジェイの大株主には他に「USEN」、「楽天」が名を連ねている。デジタルハリウッドは「日立製作所」、「内田洋行」、「ナムコ」の上場企業。またスパイラルの主要取引先には「東洋情報システム」、「凸版印刷」、「NTTアドバンステクノロジー」といった大企業がある。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧