アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

名誉毀損訴訟で、自ら永田議員にメールを提供したと認めていたフリーライター。代理人はあの“有名弁護士”


本紙は今年10月2日、「あの永田メール問題のフリーライターが、名誉毀損で次々提訴」なる記事を報じている。
その一つ、『アサ芸』(写真左=訴えられた4月13日号)を訴えた訴訟の詳細が明らかになったので、以下、報告する。
訴状等によれば、原告はあのフリーライターだけでなく、彼が代表を務め、永田寿康議員(当時)を表紙に登場させていた雑誌(写真右)を発行していた会社との1個人1企業。
前者は3300万円、後者は2200万円の計5500万円を請求。それに、『アサ芸』誌上に1頁全面を使って「謝罪文」を掲載することを要求している。
提訴日は今年6月29日。
もっとも、名誉毀損の対象箇所に、『アサ芸』が、永田議員に問題のメールを提供した人物=フリーライターであることを大前提にしていることは入っていない。
そうではなく、『アサ芸』記事は大きく、?フリーライターと暴力団関係者との緊密ぶり、?フリーライターはこれまで多くの詐欺的行為をして来た、としてそれぞれ複数の具体的例を挙げているが、その大半が虚偽だと主張している。

●原告代理人はあの有名弁護士

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧