アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

北朝鮮の核実験、偽装説を裏づける最新情報を入手

北朝鮮による核実験はあったと実質、既成事実化されているが、実験があっとされる直後から現在に至るまで、わが国上空などでそれを客観的に裏づける放射線量異常値が観測されていないのは他社報道の通り。 現時点で実験があったとされる最大の根拠は北朝鮮側の「やった」との声明で、科学的には、実験で爆発が起きた時に起こる地震波の観測だ。だが、各国がそれから推定した爆発規模は、北朝鮮は広島・長崎級の核爆弾製造を目指しているとされるが、そのわずか20?40分の1だった(98年のインド、パキスタンの実験は広島・長崎級規模だった)のは転載の「日経新聞」記事(写真。10月11日)にも載っている。 その“小さい爆発”故、失敗説、偽装説(通常火薬による偽装実験)も当初から出ていた。 こうしたなか、本紙の元に中国筋から、偽装説を裏づける重要な情報が先ほど入って来た。 実は中国の記者(朝鮮族)2名が、北朝鮮の一般国民を真似て北朝鮮に潜入、同国実験場所とされる北東部に出来るだけ近づき、放射能値を測定したところ、「まったく異常値を観測しなかった」というのだ。 わが国上空での測定は、放射能がさらに拡散されているし、飛来するまでに時間もかかるので測定のタイミングも重要。測定のタイミングを間違えたりすれば、実際は異常値になっていても測定を誤ることもある。 これに対し、現地近くで実験後数日なのだから、本当に実験をしているなら地下とはいえ、異常値が測定されないことはあり得ない。また、失敗しても異常な放射能値が観測される可能性が高いとも、その情報ルート筋はいう。 では、なぜ偽装なのか。 「実験の能力はあるが、技術力が劣ることなどから、インドやパキスタンの実験より大きな放射能漏れで国内は元より海外に悪影響を及ぼすことを一番恐れたのではないか」(中国筋)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧