アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「第1回 新聞業界最大のタブー『押し紙』を斬る!」(『週刊新潮』6月11日号)

「押し紙」??販売店に、実際の購読契約数以上の新聞を押し売りして多くの販売収入を得ると共に、こうして発行部数をかさ上げすることで紙面広告の価値も上がる。
だから、新聞社は絶対に押し紙の存在を認めないのだが、『週刊新潮』は本日発売号(冒頭写真=中吊り広告より)からこのタブーに切り込むという。
著者は、ジャーナリストの黒薮哲哉氏。本紙では以前、読売が黒藪氏を提訴した件を取り上げたことがある。
読売、朝日、毎日の3大紙は、まだ記事が出ていない段階で「事実無根」として、「週刊新潮」に抗議し、法的措置も臭わせている(横写真=「読売」と「毎日」の本日記事)。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧