アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

北朝鮮政府関係者、「ジェイ・ブリッジ」(桝澤徹代表)を提訴。遺失利益約26億円請求

 本紙既報のように、7月10日、予告通り、金田珠年氏は東証2部の企業再生ファンド会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都港区)を東京地裁に提訴した模様だ。 請求内容は約束通りの出資6億円に見合った差額の株券264万9830株(単価177円。引受予定株式338万9830株ー引渡株式74万株)を引渡すか、それが無理なら、1株990円の売却益が得られたとして、その遺失利益約26億円(990円×264万9830株)を支払えというもの。 一株の遺失利益を990円としたのは、原告はすでに引き受けた74万株中72万株を換金しており、この換金時期である2004年10月4日から11月29日の間の同社株価は1195円から990円だったからだという。(表は原告側がまとめた訴訟までの経過)  今後の争点は、被告側が主張していると思われる原告が出資した6億円の差額4億円が、本当に倉庫の売却代金に使われたのか。原告が証拠に出している交渉相手は疎外アイ・セーフ投資組合のものが多いが、原告は同組合は同住所のアイセーフ株式会社同様、平野彰氏が代表であり、「同人は、被告の子会社サテライト朝日代表取締役であり、結局、アイ・セーフ投資組合は、被告と一体である」と主張している。 また、被告の当時の代表者だった野田英孝氏の印鑑証明書、アイー・セーフ投資組合が被告NDB(当時の社名)に出した増資引き受け意向書なるものなどもある。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧