アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ライブドアの中国関連会社でも、ホリエモン等の裏金捻出疑惑浮上

 ライブドアの裏金捻出疑惑といえば、ファンド組成の匿名性を利用し、香港、台湾、シンガポール、さらにはスイスにおけるダミー会社や、金融機関を通じての操作が注目されている。 だが、関係者の証言で、中国・大連のライブドア関連会社を通じての疑惑が新たに浮上して来た。 ライブドアは2000年10月、中国遼寧省大連市内に「英極軟件開発有限公司」(徐躍平社長。社員約400名)というインターネットのシステム開発会社を設立。当初は現地の中国人を安い労働力で雇用する単純作業のみだったが、その後、携帯電話などの情報管理システムの開発業務など技術的仕事の受注、さらに日本人を現地に逆輸入(インターシップとして)して日本語コレクトセンター業務を行うなどして業績を伸ばしている。(上海に分社も)。 逮捕の前々日、ライブドア社長だった堀江貴文被告と、財務担当取締役だった宮内亮治被告が直々に大連に出向いていた目的は、単に同社の現場視察だけではなかっただろうと現地の関係者は漏らす。 「私はまさかと持っていたが、2人は相当ヤバイんだと落ち込み、いつものような元気はまったくなかった」(事情通) 「英極軟件開発有限公司」の資本金は50万US$で、ライブドアが広報している情報では100%同社出資となっている。だが、現地の関係者によれば、設立当初の資本金はすべて宮内被告個人が出しており、実質の社長は宮内被告だという。 「ホリエさんの裏金づくりの香港や台湾、シンガポールなどにおける担当者はエイチエス証券副社長だった野口(英昭)さんだったわけですが、中国本土においては大連が拠点で、その担当者は宮内さんだったんです。 例えば、この会社はに現地の中国人向けに雑誌を出してもいます。しかし、まったくというほどノウハウはなく、赤字です。それにも拘わらず、なぜそんな事業を始めたのか? その理由は、裏金作り以外に考えられません。私が2人に“そんなことして犯罪じゃないの!?”というと、2人は“そんなに言わないでよ!”と苦笑いしていました」(別の関係者) これら関係者によれば、少なくとも同社を通じた取引でこれまでに数十億円が裏に流れていると断言する。 ちなみに、同社社長は前出のように中国人の徐氏だが、彼の兄はわが国で貿易業務などの会社を設立、事業家として成功している。当初、ライブドアは中国進出先として北京を検討し、その際はこの兄の方の社長就任が予定されていたという。 (写真は「英極軟件開発有限公司」)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧