アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ライブドア、武富士買収説

本紙・山岡も実は昨年夏ごろから、ライブドアによる武富士買収の話を聞いていた。  だが、裏取りができるような話ではなく、記事にしたことはない。 マスコミでは唯一、『フライデー』(06年1月20日号。冒頭写真参照のこと)が「06年ニッポンの人気者20人 絶対明かせないホンネ」という特集記事のなかで、堀江貴文社長(当時)を直撃しているぐらい。もちろん、答えは「ノー」だった。 だが、そこにも書かれているように、武富士社内に“武富士買収対策室”が設けられていたのは事実のようだ。 そこに持って来て、どうにも気になるのが、本紙が何度も報じているエイチ・エス証券の野口英昭元副社長の謎の死に関与していると見られる男が、武富士と数々の接点を持っている事実。 彼が関係を持つ政治団体は、武富士のかつて地上げを手伝っていた。また、「彼は武富士の海外からの資金調達にずいぶん貢献した国際金融ブローカーW氏と懇意で、香港にも一緒に行っている」という証言もある。 ●政府意向の武富士買収話を反故にしたため、逆鱗に触れた? このように、ライブドアと武富士の人脈には接点があり、耐震偽造事件のヒューザー同様、単なる偶然とも思えない。 そこで紹介しておきたいのが、今回のライブドア強制捜査の引きガネになったのは、ホリエモンが武富士買収で政府側に対し、怒りを買うようなことをやったからという説。 “引き金”といえば、ホリエモンが天皇を侮辱するような発言をした ことがその一つであることは、事情通の間では常識だが、こちらは異説といえる。だが、さる事情通は断言するし、内容も極めて具体的。あくまで、ひとつの情報として以下、紹介していく。 政府側としては、武富士から武井一族を追い出したい。あからさまにいえば、大手サラ金で唯一、銀行系列下、つまり意のままにならないのはおもしろくないのだ。それは現在、武井一族の大量の武富士株売却を巡り、国税庁との間で課税を巡って争いになっていること でも明らか。 ある事情通によれば、その国税庁筋からライブドアによる武富士買収計画を聞いたのは05年8月のことだという。 ライブドア側が武富士の武井一族保有株を約3000億円で買う。 武井一族側には、予め売却に応じないと、盗聴・名誉毀損以外で再逮捕するとして、承諾を得ていたという。 その資金調達のため、05年9月には逮捕されたライブドア財務担当の宮内亮治取締役(当時)が米国に飛んでいた。 もっとも、ライブドアは一時的に武富士株を抱くだけで、その後、東京三菱UFJ銀行が約5000億円で買収する。 この話は、奥田碩日本経団連会長から、ある国会議員を通じてライブドア側に打診されたという。 そして、それにはこんな条件もついていたという。 「この話を引き受けなければ、脱税でお宅をやる。今年2月4日と日程まで決まっていた」(事情通) これに対し、ホリエモンは一端は引き受けたが、その後、武富士の資産内容がいいため、転売せず、子会社として持ち続ける方向で検討し出した。逮捕の脅しなど、単なるジェスチャーと甘く見た。そのため、政府側の逆鱗に触れ、逮捕となったというのだ。 なお、そうでなければ、武富士買収はこの4月の予定だったとういうのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧