アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

福井日銀総裁以外にも、節操のない(元)高級官僚がゾロゾロ

 村上ファンドに1000万円運用させていたことが明らかになり、福井俊彦日銀総裁が批判を浴びている。  庶民の感情からすれば当然だが、彼らの感覚は我々とは違う。エリートである自らが絶対的価値=正しい、だから、内心は何で批判されないといけないというのが正直な気持ちだろう。  福井氏は94年、日銀副総裁に就任。次期総裁が確実視されていたが、一連の大蔵・日銀スキャンダルで98年に一度下野。2003年、同じく総裁候補だった中原伸之審議委員を制して総裁になった。  福井氏が日銀副総裁を退職する時の退職金は6160万円(理事分も含む)。さらに、総裁に返り咲くまで富士通総研理事長に天下っていたことを思えば、運用させていた1000万円は彼にすればたいした額ではないだろう。  そもそも、日銀総裁の年収からして98年までは首相より高い5130万円だった(その後、4000万円に引き下げ)ように、幹部の年収は破格。また、歴代総裁ともなれば高名な画家にお願いして1000万円以上の制作費をかけて肖像画を描いてもらい、日銀本店の廊下に飾り、一般見学者に披露するという浮世離れといおうか、特権意識が強いお役所なのだ(外務省もすごい)。  ところで、福井氏と日銀総裁の座を争った前出・中原氏だが、過去に疑惑企業に就任していたことがある。  いまは店頭公開を取り消しているが、「日本アムウェイ」というマルチ類似企業。本紙・山岡が告発本を出し、徹底追及した問題企だが、1994年11月から非常勤ながら取締役に就いていた。当時の肩書きは東燃(原・東燃ゼネラル石油)名誉会長だった。この件は拙書『アムウェイ商法を告発する』(あっぷる出版社)でも触れている。  また、本紙・山岡は1999年、福井氏より4代前の澄田智元日銀総裁を取材したことがある。詳細は関心があれば記事バックナンバーを見ていただく(写真はその記事=『財界展望』1999年12月号)として、脱税疑惑の出ている財団法人の理事長に就任していたからだ。  電話に出た彼は、悪びれた様子もなく、疑惑を否定した。だが、専務理事の公私混同の具体的疑惑に話を向けると、「ボクは(公私混同の民間企業役員を)兼務していないから……」と答えられない。日銀人脈にコネがあれば、無批判に役員などに就き、自分が信用作りに悪用されても知らないで通すのが彼らの習性なのだろう。そして、重大な疑惑があり、その渦中の人物が国税に実名で告発したにも拘わらずこの件は未だ問題化していない。  ちなみに、澄田元総裁と言えば、在任中の1985年のプラザ合意(ドル高是正)にゴーサインを出し、わが国「バブル経済育成のA級戦犯」とも言われる。  ところで、村上世彰氏に元検察№2の則定衛弁護士がアドバイスを行っていることを本紙はいち早く報じたが、例の会見を勧めかがどうかはともかく、その事実はいま発売の『サンデー毎日』でも出ているように明らかだ。  それだけでも福井総裁同様、道義的批判は免れないと思うが、実は則定氏、いま現在も先物取引大手「小林洋行」の取締役にも就いているのだ。  2001年6月末、まず監査役に就任。その後、取締役になっている。  同社は東証1部とはいえ、不祥事を起こして上場廃止になった「グローバリー」の例のように、上場企業だから問題ないとは決して言えない。こんな業種の企業に“正義の番人”だった元№2が就くのだ。  ライブドア監査役に就く元警察庁キャリアの大森義夫氏もしかりである。  …

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧