アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

逮捕された診療報酬担保高利貸しの背後に新田グループ残党、広域暴力団の影

6月13日、警視庁生活安全課は、東京都武蔵野市で「若葉記念病院」を経営していた医療法人から、出資法の上限金利の2倍近い年利54%の金利を取っていたとして、貸金業「店舗ファイナンス」(東京都渋谷区)の社長などを出資法違反容疑で逮捕したのは既報の通り。  昨今、出資法違反などありふれた容疑だが、経営が傾いた病院に資金援助し、診療報酬を担保に取り、やがて経営権も乗っ取る病院向け専門の貸金業者が存在し、ここに食い込まれた傘下病院は最後には廃業、結果、多くの患者に悪影響を与え、最悪、人命にも関わるだけに、こうした業者に手をつけた意味は大きいだろう。  だが、同時に、この業者はいわば末端業者で、連携している者のなかには、本紙でも過去、何度か触れた病院乗っ取り専門の「新田グループ」、その背後には広域暴力団が控えているだけに、そこまでメスを是非とも入れて欲しいものだ。  実は本紙・山岡は会員制情報誌『ベルダ』に連載中の記事のなか(2006年3月号)で、この新田グループなる病院乗っ取りグループの残党が関与しているA病院を取り上げているが、同病院は今回、逮捕された業者が食い物にしていた「若葉記念病院」(05年10月廃業)の入院患者が送り込まれていたとの情報があり、「店舗ファイナンス」の社長等と連携していた可能性がある。 (写真=「毎日新聞」06年6月13日)  まだ営業していることから、県名さえ伏せたが、A病院は実は埼玉県所沢市にある。 「新田グループのNがA病院にアプローチし、彼の紹介でEという業者(豊島区上池袋)が貸し付けているが、ここも出資法違反のはずだ。すでにA病院の診療報酬は担保の取られ、実質、乗っ取られている。この後、手形や小切手を乱発し、倒産は時間の問題だろう」(事情通)  E社の会社謄本を覗くとNとIなる人物が役員についていることがわかるが、共に新田グループのメンバーで、Nは05年7月、熊本県の病院などを乗っ取ろうととして法務局に虚偽の届け出をして電磁的公正証書原本不実記載・同共用容疑で逮捕されている。Iも同様だ。  また、このIは新田が経営していた『新田事務所』の元役員で、01年、千葉県の社会福祉法人を経営していた夫婦が補助金2億円を業務上横領して逮捕された事件があったが、その入れ知恵を裏でしたのは彼とのことだ。  関心がある方は、是非、前掲のバックナンバー記事をご覧いただきたい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧