アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第7回  来週にも医療再生ファンド売却をIRか)

 本紙ではこの間、東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の疑惑を6回に渡り報じている。
一時は「日本の企業の再生はジェイ・ブリッジ」ともいわれるほど脚光を浴び、05年には時価総額が1000億円近くにまでなった。だが、いまや時価総額はわずか10数億円。資産といえるのは、福岡県の医療法人社団「杏林会」向け医療再生ファンドへの出資分(約24億円)ぐらいだ。
ところが、この医療再生ファンドさえ大失敗と見られ、その償還期を迎える今年10月にはその実態が明らかになってしまうため、それまでにジェイ社は自社投資分をできるだけ回収し上場廃止、会社清算するとのシナリオを考えているとも報じていた。
そして、いよいよその懸念が現実味を帯びて来た。
関係者によれば、ジェイ社はこの5月16日(日)からの週内にも、杏林会向け医療再生投資ファンドを売却するとのIRを自社HPに出すというのだ。
(冒頭写真=杏林会の経営病院の一部)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧