アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 経済事件 >
  3. ライブドア関連
  4. エイチ・エス証券の野口副社長の死で注目される男

エイチ・エス証券の野口副社長の死で注目される男

本紙は1月24日、「当局もエイチ・エス証券の野口副社長の死を疑問視か」とのタイトルで、関西のある政治団体幹部の存在を挙げたが、その後の追加取材で、その人物に注目すべきもう一つの顔があることが判明したので報告しておく。 その顔とは、決して自身は表に出ないが、ダミー役などを使って、数々の上場企業の大株主になっている事実。それも、ライブドア同様、いわゆるネット系といわれる新興企業や、闇人脈が介入していた瀕死の問題企業などで、やはり只者ではないようだ。 そうと思われるそれら上場企業とは、まずは闇人脈に食われ、現在も、首謀者は逃亡中で、再建中の「大盛工業」(東証2部)。04年には10%以上を保有していた。 また、05年後半には出版・映像・音楽、コンテンツ開発の「アーティストハウスホールディングス」(マザーズ)の株も数%保有していた模様だ。 その他、光通信傘下のレンタルサーバー事業会社「クレイフィッシュ」(マザーズ)の松島庸元社長とも親しい関係にあるという。 「松島氏は光通信の重田(康光)氏と対立し、社長の座を追われ、現在、香港で再帰を目指しているが、いろいろ面倒を見てやっていると聞いている。彼はまさに今回、ライブドアが問われている投資事業組合などを使ったファンド組成にも詳しいし、かなりの資産を持っている。当局は、彼は外部の人間ながら、宮内、岡本などに匹敵するほど、ライブドアの経営に深く関与していたと見ている」(事情通) なお、自殺したとされるエイチ・エス証券の野口英昭副社長は、すでに05年10月ごろから東京地検特捜部に事情を聞かれていたとの情報もある。口封じ説と共に、そのため、逆に「しゃべり過ぎたため、報復された」との見方も出ている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧