アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. パシフィックコンサルタンツ
  3. 次号『財界展望』でパシコン・荒木民生代表疑惑追及第2弾記事出る

次号『財界展望』でパシコン・荒木民生代表疑惑追及第2弾記事出る

●イーストチャイナシーホテルを舞台にした、パシコン多摩市本社横土地に続く荒木代表の特別背任疑惑 7月1日発売の月刊経済雑誌『財界展望』に、本紙・山岡は世界的建設コンサルタントのパシコン代表・荒木民生氏の疑惑追及の第2弾記事を書いている。 同誌編集部からメールにて、その7月1日号の案内が届いたので、パシコン関連部分のみ、以下、転載しておく。 ■特集 ODAの闇 外務省、JICAはなぜ刑事告発しない! またもや発覚!パシフィックコンサルタンツインターナショナル「ODA不正詐取」 昨年、大手建設コンサルタント「パシフィックコンサルタンインターナショナル」のODA不正請求が明るみに出た。外務省、JICAは同社を「指名停止」処分にしたが、今回またもや新たな不正が判明したのだ。 ODA犯罪取材班 緊急インタビュー「ODAを食い物にする輩を許すな」 谷博之参議院議員 迷走する世界的建設コンサルタント パシフィックコンサルタンツ荒木民生社長の「公私混同」経営 世界的建設コンサルタント「パシフィック コンサルタンツ」の荒木民生社長に新たな会社私物化の疑惑が浮上している。沖縄県は石垣島。グループ持ち株会社の孫会社である「ホテル」が舞台だ。 ジャーナリスト 山岡俊介 『財界展望』8月号のご案内 『財界展望』8月号は7月1日(金)に全国の書店で発売です! ホームページ からもご注文できます。 ( 郵送で 1日?2日でお届けできます)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧