アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

物品購入一元化新法人を疑問視――また、日大・田中英壽理事長に関する「告発文書」出る

  • 閲覧数(7)

 本紙では今年6月15日、わが国最大規模を誇る学校法人=日本大学の理事長に就任している田中英寿氏(冒頭右写真)に関する「告発文書」について報じたが、その田中氏に関する文書を再度入手したので、冒頭に転載しておく(左写真。ただし、一部見苦しい表現があるので、本文を判別しにくい倍率まで縮小した)。
前回は、日大病院とある葬儀会社を繋ぐことによるリベート疑惑などだったが、今回は、日大が財政難を理由に、これまで学部や系列校毎に発注していた物品購入を、一元的に引き受ける法人を新たに設立することを、田中理事長が5月22日に開催した日大評議委員会で明らかにしたことに端を発している。
確かに、この裏側で田中理事長が甘い汁を吸う構造になっているのだとすれば、これまで以上の利権になり得るだろうから、無理もない。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧