アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. サラ金 >
  3. 武富士(武井保雄)
  4. 未だに“親族請求”をやっている武富士

未だに“親族請求”をやっている武富士

●“口止め料”として5万円を提示した武富士に反省の色なし

この10月末、大阪は心斎橋支店で、武富士は未だに“親族請求”(第3者請求)をしていることが明らかになった。
関係者によれば、息子の返済が遅れたとして、父親のところに請求。もちろん、サラ金は無担保融資だし、連帯保証人もついていない。したがって、父親に武富士が支払いを請求する権利などないし、父親が支払う義務もない。
それでも、息子の不始末だからと、その父親は全額を一括して払ったのだが、その後、知人にその事実を告げたところ、とんでもない請求であると我に返り、その父親は武富士側に抗議。
すると、これが表面化したらマズイと判断した武富士は、社員が父親宅を訪ね、誤ると同時に、示談にしてくれ(=口外しない)と、示談書へのサインをねだると共に、示談金5万円ナリを提示して来たという。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧