アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

永田町で流布――岸田、石破が惨敗覚悟で出馬した二階“策略”

大手マスコミ既報のように、二階俊博幹事長の主導した策略で、早くも5派閥が菅義偉官房長長官の自民党総裁を支持。岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長が勝つ見込みはまったくない。
にも拘わらず、なぜ、岸田・石破両氏は総裁選に立候補したのか?
石破氏は出馬しなければ自分が自分でなくなることから、惨敗覚悟でも出馬したと述べている。本紙とて、その心情にはエールを送りたいほどだが、今、永田町ではその裏側につきとんでもない情報が流れている。
実は石破氏は一度は出馬を断念したものの、二階氏の策略により、再度、出馬を決めたというのだ。
なお、永田町界隈では今、9月18日臨時国会召集、首班指名、組閣。25日衆参本会議、所信演説。28日衆議院本会議で代表質問、翌29日参議院本会議で代表質問後、衆議院を解散して選挙に突入する(10月13日公示)という情報が出回り、多くの候補者はすでに地元に帰り選挙準備に入っているという。
ある野党候補者は、こう漏らす。
「その理由が凄い。総裁選で自民党党員投票を実施しなかった。だから、改めて民意を聞くという。そんな理屈があるんでしょうか!?
しかし、そういう情報が出ている以上、こちらも準備しないわけにはいかない。昨日まで地元に戻り、街頭演説して来ましたよ」
ちなみに、二階氏は一連の策略の論功行賞で幹事長続投との見方と聞いているというから驚きだ。
それにしても、岸田・石破両氏が出馬した二階氏の策略とはどういうものなのか?

「総裁選で2位になった方を、官房長官に据えるというのです。党員票が減ったとはいえ、2位は党員に圧倒的人気の石破氏が有力でしょう。石破氏としても、長年冷や飯を食わされ、もうこのままではいられないということで、その話に乗り、それでやはり出馬することに決めたというのです」(同)
永田町に流布する情報なので、真偽不明ながら、いわれてみれば策略に長けた二階氏ならやりそうとも思える。
「否、それは二階・麻生会談で決めたことと私が聞いていますけど」(自民党筋)
それにしても、先のようなわからない理由で衆議院を解散して自民党に勝ち目はあるのか?
「さすがに公明党は同意しないかも。でも、公明票を失って30席ぐらい減らしても、躍進する維新、それに立憲・国民の合流に乗らなかった残留組を取り込むことで、二階氏は合計すれば与党としては票を減らすどころか、逆に増えるぐらいに考えているとも」(同)
国民はとことん、舐められたものだ。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧