アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「棚ぼたでポスト守屋になった増田防衛事務次官の人間研究」

増田好平防衛事務次官(横写真)56歳ーー彼自身、恐らく次官のポストに上り詰めるとは夢にも思っていなかっただろう。 彼の就任ははっきりいって棚ぼた以外の何ものでもない。  理由はただ一つ、小池百合子防衛相VS守屋武昌次官の激しい対立だ。今年の夏、突如勃発した両者の抗争については、すでに聞き飽きだろうから、ここでは言及しない。ただ、「増田」の名前がこの対立の中で始めて浮上したことだけは間違いない。  小池氏の意中が西川徹矢官房長(当時。横写真)だったことは、すでに周知の事実。では守屋氏はどうだったか。後に小池氏は他の媒体で、さも増田氏就任は自分で決めたかのごとく語っているがそれは嘘。実態は、追い込まれた守屋氏は若返り策を提示せざるを得ず増田氏を指名、官邸はオーソライズし、小池氏はそれに異を唱えなかったに過ぎない。  そうして次官に就いた増田氏はいかなる人物か。  東大卒で、エリート然とした彼はスマート、手堅さを旨とし、決してリスクを冒さない。豪腕・型破りの守屋氏とはおよそ正反対のタイプ。両者があまりそりが合わなかったのは想像に難くない。  増田氏も守屋氏の下ではなく、守屋氏と対立した大森敬治元防衛施設庁長官(後に内閣官房副長官補。横写真)の下を選び、省内派閥「大森グループ」の会合に公然と出席していたから、むしろ両者は冷え冷えとした関係にあったと見るべきだろう。  増田氏は筆頭課長までは順調にポストを重ねたが、その後失速し、一時は内閣府に出向。「片道切符か」とも噂されたが、人事教育局長として復活を遂げた。ただ、そこから次官に直接昇格した例は過去にも見当たらない。それほどのサプライズだったのだ。  その増田氏には過去、隠された恥部がある。  守屋氏が部下の筆頭課長に4500万円を預け、その部下が知人に資産運用を行わせていた事案がこのところ世間を騒がせている。事件発覚後は一貫して守屋氏に冷淡に対応している増田氏だが、この筆頭課長のことになると、どういうわけか口をつぐむ。周囲は「妙に同情的だな・・?」といぶかしんだ。 その理由はこうだ。  実は増田氏、所有する土地の一部を計画道路に提供・買収されたため、そのカネを元手にマンションを建設、これを経営している。ところが、こうした副業について「報告する義務」があるにも拘わらず、なぜかしなかった。否、指摘されてもなお応じなかったというから、正確には「拒否した」というべきか。  増田氏はその後、内閣府に出向して3年間も副業届けをせず、防衛省に参事官として復帰して始めて届け出た。増田氏はこの不届けを理由に処分を受けているのだが、同様に「財テク」で責められている部下に対しては、さすがに辛く当たれなかったということのようだ。  さらに増田氏に関しては、守屋氏同様、宮崎元伸「山田洋行」元専務の接待を受けていたことが判明している。同席したのは、増田氏のかつての親分・大森氏。場所は、六本木の料亭「O」(横の2点の写真はその室内)。旧防衛庁からほど近く、防衛省関係者の御用達の料亭として有名な店だ。  妙齢のコンパニオンに囲まれ、ご機嫌で接待を受けていた増田氏だが、どうも様子がそわそわと落ち着かない。怪訝に思った出席者がさりげなく観察してみると、何と増田氏、同席者の目を盗んで女性の体を陰でこそこそと触っていたのだ。そして、同席者と目が合うと「さっ」と手を引っ込め、再びそろそろと手を伸ばす・・という、何とも幼稚で陰湿なセクハラ行為を繰り返していたとの証言もある。  その増田氏、仕事の評判も芳しくない。 「幹部の休日の居所をすべて報告させろ!」と息巻く石破茂防衛相に対し、なだめるどころか、「いいものがあります」と「GPS付き携帯の所持」を進言したのは本紙既報の通り(写真=地球とGPS衛星の軌道)。  だが、GPSは米国の運営する軍事衛星であり、その暗号化されたデータは米国の都合や判断、操作で簡単に誤差を生じ得る・・・いかに同盟国であっても。増田氏はそんな事もご存じないのだろうか? さらに、防衛省幹部すべての居所をチェックする際、位置データは民間の電話会社を経由する。もしここをハッキングされたら、幹部の居所は簡単にすべて「敵」の手のうちに落ちる事になる。  進言する側も、採用する側も、情報セキュリティー問題に興味がないか、目を背けているとしか思えない。そこには、石破氏を恐れる増田氏の腰巾着ぶりが透けて見える。  石破氏は今、宿敵・守屋氏逮捕に向け、「全力で協力しろ!」と檄を飛ばしているという。これを受けて増田氏も、必死に部下に守屋氏のあら探しを命じているそうだ。こんな2人に安全保障を託している国民は、不幸以外の何ものでもないだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧