アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

中田宏横浜市長下半身スキャンダル報道ーー情報源も告訴される

“ポスト鹿砦社事件”の様相を見せ、行方が懸念される『週刊現代』による中田宏横浜市長下半身スキャンダル報道だが、講談社側に続き(ただしこちらは東京地検)、情報源の一人である「神奈川新報」の三村貞夫主筆も11月15日、横浜地検に名誉毀損、それに侮辱罪容疑で告訴されたことが判明した。  こちらの告訴人は、横浜市議会の小幡正雄副議長(写真)。 「神奈川新報」記事によれば、中田市長は、例の下半身スキャンダルをある市会議員が察知したものと思い込み、同市長と刎頸の仲の小幡告訴人などと共謀し、その市会議員を脅して「詫び状」を取ったという。  その他にも、三村氏(写真)は2チャンネルに「神奈川新報」の属する記者室を閉鎖するように小幡告訴人が圧力をかけたなどの書き込みも行っているが、これらはいずれも虚偽であるとして告訴に踏み切ったという。  なお、昨日報じた通り、東京地検には『週刊現代』のS、M両記者が本日付けで追加告訴された模様だ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧