アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

NOVA前社長の不可解な資金調達などに関与?  謎の最高顧問

英会話学校最大手で、ジャスダック上場の「NOVA」(本部・大阪市)が10月26日、大阪地裁に会社更生法の適用を申請し、受理されたのは大手マスコミ既報の通り。 この経営破たんの発覚と同時に、猿渡望前社長(左写真。右写真はNOVAキャラクターのご存知、NOVAうさぎ)の特別背任疑惑が出ているのも同様だ。 猿渡前社長はNOVAの最大の株主(71・59%)だったが、破たん表面化直前の9月30日には持ち株比率は一挙に19・71%まで低下。株価暴落前にカネに変えたインサイダー疑惑も出ていたが、どうやら真相は株を担保に怪しげな金融筋から資金調達しようとしたところ、騙され、株は彼らに手中に。そして売り払われた、本紙既報のインデックス・ホールディングス所有の学研株と同じような事態に陥ったようだ。 さらに資金調達を巡っては、別件で逮捕された西田晴夫被告の関与もあったようだが、これに関しては本紙がいち早く報じているので、こちらの記事を参考にされたい。 ところで、今回本紙は名刺(左写真。NOVAだけでなく、同グループ全体の最高顧問の肩書き)のような人物の存在を掴んだ。 NOVA関連の記事を検索しても、この名前は一切ヒットしない。 だが、この名刺を提供してくれた人物によれば、「数ヶ月前、あるVIP客ばかりのパーティで、経済界の大物ということで紹介を受けました。彼自身、“猿渡さんはお飾り社長。実際に資金を出し、経営しているのは私”と豪語していました」と明かす。 だが、不可解なのは、この名刺の東京本部の記載住所。 何と新宿区内のとあるオフィスビルの私書箱センターになっているのだ。 上場企業のオーナーが、いくら本部が大阪といっても、東京本部を私書箱にするだろうか? この名刺を見れば、逆に即、怪しまれてしまうと思うのだが……。 実際、その住所を訪ねたところ、同ビル4階に郵便局の私書箱が集まっているところが存在(右写真)するだけだった。 いったい、この人物の正体は? 追って調査し、報告したい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧