アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

これが呉服販売「健勝苑」の“次々販売”の手口

大量の呉服を一人に次々と販売する。それも強引に営業すると購入してしまう傾向の強い体力・気力とも総体的に乏しい高齢のお年寄りをターゲットにする。 もちろん、高齢者の女性の大半は年金暮らしで、貯蓄の乏しい方も多い。それでも“次々販売”が可能なのは、長期のローンを組ませるからだ。 10月22日、この“次々販売”をやっていた呉服販売大手「健勝苑」(京都市)と信販会社「クオーク」(東京都港区)と「オリエントコーポレーション」(東京都千代田区)などを相手取り、購入者6名が既払い金(約1816万円)の返還と、残債(約800万円)の帳消しを求めて提訴したと10月23日の「毎日新聞」が報じている(上写真)。 実は本紙の方にも、まったく同じケースの訴えが来ていた。 横に掲げたのが、その方の契約状況をまとめた一覧表。わずか9カ月程の間に14件、総額1104万円もの契約を結ばされている。そして、その大半(786万6600円)がローン契約であることがわかる。 それにしても、いくら強引な営業をかけられたとはいえ、なぜ、これほどの契約を結んでしまったのか? この購入者は50歳。やはり無職で、無収入で、特に資産などなかった。 (以下に“次々販売”の手口が察せられる資料を掲載) 横に掲げたのは、購入者が直の担当販売員にサインを求めて出した「確認書」。 もっとも、これに対し担当販売員は返信して来た配達証明書文書の中でサインを拒否すると表明。また、購入者の弁護士に対し、「自分は販売員(社員)ではない」と主張している。 実は健勝苑の巧みなところの一つは、購入者を新たな販売員に仕立てること。その結果、営業が成立すると購入金額の約5%が還元される。したがって、なかには多額の購入をしてしまい往生している購入者が、5%のマージン欲しさになりふりかまわぬ営業をすることもある。法的な「連載販売取引」(マルチ商法)ではないが、マルチまがい商法の要素がある。 一方、横に掲げたのは購入者が「健勝苑」に宛てた「陳述書」。 これを見ると、ともかく見るだけでいいからと展示会場に誘い出し、後は多数の販売員で取り囲んで購入するまで帰さないSF(催眠)商法やマルチ商法にも見られる一種の“監禁行為”をしていることが伺える。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧