アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あの近未来通信・石井優元社長、北京で中国当局現認の模様

 中国筋から先ほど入った情報によれば、本日、中国当局は北京で石井優(写真)を発見、確認したそうだ。  石井とはいうまでもなく、「近未来通信」(破産)元社長で、被害者数約3000名、被害総額約400億円の詐欺を働いたとされる人物。以前から中国国内を点々としているとの目撃談は漏れ伝わって来ていた。  警視庁は今年5月には国際指名手配している。それ以降では、所在がはっきり確認されたのは始めてでは。もっとも、わが国と中国との間では犯罪人引渡などの条約を結んでいないため、実質、放置されている。   当局関係者が漏らす。 「石井は約1カ月前、肝臓に水が溜まったということで約2週間入院していた。パスポートの写真から石井とわかり、当局が動いて、いまは北京市内の中国人女性宅で療養しているところを現認したということだ」  もっとも、現時点ではまだこの情報は警視庁に提供されていないようだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧