アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

舛添要一厚労相が営業に一役買っていた、大手先物業者「コムテックス」の社員が詐欺罪で逮捕に

 ついに、大手先物業者「コムテックス」(大阪市)から、逮捕者が出た。   京都府警は10月18日、浄土宗(総本山知恩院=横写真は建物の一部。京都市)の元職員の男性から計2000万円を騙し取ったとして「コムテックス」の社員・小浜啓一(51)を詐欺容疑で逮捕した。  小浜容疑者は営業で浄土宗の当時、資金管理者だった被害者に接近、言葉巧みに取り入った。被害者自身、約9年間で教団資金の約7億円を流出させたとして教団から横領罪で告訴されているが、教団は同時にコムテックスを相手取り、損害賠償請求訴訟を提起しており、流用資金の大半はコムテックスにおける運用で穴を空けたものと思われる。  コムテックスに関しては、以前から、全国の消費者センターへの苦情が目立って多く、昨年12月には農水・経産両省から業務改善命令を受け、今年7月には業界団体の日本商品先物取引協会から2000万円の制裁金を科せられた。   本紙は何度も内部資料などの証拠と共に、同社の隠蔽体質を取り上げると共に、同社主催の「講演会」は営業をかけるための道具であり、そこに著名人で社会的に影響も大きい舛添要一氏のような者が講師を務めるのは問題だと訴えてきた。  こうしたなか、今年9月、舛添氏が厚労相に就任した際には、『週刊新潮』が同様の記事を掲載(写真=「週刊新潮」9月13日号)したが、その取材に対し、「講演会に出るのは先物取引を活性化させないといけないから」と開き直りとした思えない返答をし、前述のようにコムテックスがなかでも問題業者と指摘されると、「知らなかった」と答えるお粗末さ。  さすがに、今年5月20日の長野県松本市での講演以降はやってないようだが、昨年は7月2日(熊本)、8月4日(浜松)、9月5日(町田)と3回も出演。高額の講演料(約200万円とも)に引かれて出ていることは明らかで、その体質の甘さは明らか。  それに、いま現在もコムテックスのホームページには他の常連講師と共に、舛添氏の顔写真が貼り付けられている。これを放置しておいていいのか?   なお、冒頭の逮捕の件は、大手では少なくとも社名を挙げて報じているのは時事通信社のみ。この事実は一般にはほとんど知られていない(コムテックスはさすがに簡単な広報あり)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧