アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

沖縄で開催された「山崎拓先生激励会」の気になる発起人メンバー

沖縄県の米軍普天間基地移転先を巡り、同じ名護市辺野古地区でも陸地と海上に出る部分を埋め立てる政府のV字案と、地元の沖出し案とで揉めているのは本紙でも何度も報じた通り。  詳細は明日発信予定の記事に譲るが、この綱引きの微妙な時期にある本日、「朝日新聞」朝刊で、横のような記事が第一面にデカデカと出たものだから、真偽の程はともかく、永田町界隈で「地元の沖出し派の仕掛けでは?」との観測が流れたのも無理はない。  守屋武昌前防衛事務次官がV字案を強固に推進すると共に、それに反対する地元に対し、早期の工事着工のための“アメ”としてバラ撒いていた名護市を初めとする北部振興対策費(これまで10年間で2000億円以上)を今年度止めた張本人と見られ、地元から強い反発を招いていたのだから。  これに対し、小泉内閣時代の05年11月以来、自民党安全保障調査会会長兼沖縄振興委員長を務める山崎拓代議士(横写真)は、沖出し案賛成派のリーダー的存在。  本紙はそのことを物語るメンバー表を入手した。  昨年3月、山崎代議士の地元後援会「沖縄拓政会」会長が音頭をとって、沖縄県那覇市で「山崎拓先生激励会」が開催された。(以下に、その案内状を転載)  本紙では、以前にもその約4カ月後に開催されようとした「山崎拓代議士を囲む会」(中止に)のメンバーをスッパ抜いたが、今回の発起人一覧(=写真)にはその他にも興味深いメンバーが名を連ねているので、その5名を紹介しておこう(興味深いメンバーの名前頭に黄色印あり)。  まずは、「仲井眞弘多」沖縄県知事。  移転先である名護市がいくら政府案に反対したところで、県のトップの同意がなければ粘れない。中井真知事あっての反対なのだ。  お次の「知念榮治」氏は、地元の大企業「りゅうせき」(旧・琉球石油)元社長。昨年の県知事選で仲井眞知事の選対本部長代行を務め当選に導いた。選挙中も、「政府のV事案は絶対反対」との仲井真候補(当時)の公約をアピールしていた。なお、前知事は稲嶺恵一氏だが、彼は前出・りゅうせき設立者の実子。 「嶺井政治」氏は、地元の有力企業「沖縄電力」の元会長。仲井眞知事は沖縄電力元社長。嶺井氏はその後も県財界の要職を務め、2000年の沖縄サミットの際には、これを推進する「沖縄サミット地域安全県民協力会」会長を務めた。 「吉山盛安」氏は、沖出し案が通れば多量の砂採がいるが、その供給元である「沖縄砂利取事業共同組合」理事長。自身、「三恵」という砂利会社を経営している。 「白石武治」氏は、辺野古地区と同じ湾でリゾートホテルを経営。「カヌチャベイリゾート」代表などを務める。小池百合子防衛相(当時)が訪沖した際、同ホテルを利用している。関連会社が、名護市との間で格安の賃貸契約を結び、リゾートマンション建設を行っている。その関連会社社長は、仲井眞知事が沖縄電力社長時代に金庫番だった沖電副社長が兼務。要するに、バックに沖電が付いていると見ていい。仲井真知事も、同ホテルを“密会”場所として度々利用しているとの情報もある。  以上5名の他、「萩堂盛秀」と「仲泊弘次」両氏は、前回お伝えした「囲む会」の出席予定メンバーにも名を連ねていたので省略する。  …

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧