アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(343)「ガールズアワード」元役員の反社疑惑で、慌てふためく上場企業など

「ガールズアワード」というファッションと音楽を融合させた日本最大級のイベント(冒頭写真)がある。10年5月に第1回目が開催され、この5月26日(土)には第5回目が開催予定。場所はいずれも東京都渋谷区の代々木第一体育館。「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」がキャッチコピーで、同じような企画で先発する「東京ガールズコレクション」があるが、これを凌ぐほどの勢いだ。
 毎回、多数の著名な歌手、俳優、タレントなども出演。このイベントで使用されたファッション類はむろん、関連美容品、同イベントを目玉にしたツアーなども組まれ、当然ながら、巨額な利権も発生している。
このガールズアワードを企画・制作(著作も)するのは、同名の(株)「ガールズアワード」(東京都港区)だが、いま発売中の『週刊文春』が、同社の取締役A氏(記事直前に解任とのこと)が、本紙でも何度か取り上げている元山口組幹部で、水源地詐欺容疑で逮捕されている菊次達朗被告(別件で、同じく逮捕されている塩田大介被告ともかつて懇意だった)に依頼し、トラブルになっていた店に菊次被告が乗り込み「店を潰す!」などと脅したとの疑惑を取り上げている(A氏は完全否定)。
(上写真=『週刊文春』5月24日号記事)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧