アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あるバカラ賭博事件で浮上した、大物政治家関与もあり得る重大疑惑

2006年5月29日、警視庁組対4課などは、賭博開帳図利容疑などで、東京都渋谷区内のカジノ店「パイザ」(写真=入居ビル)を摘発、店側19名と客6名の計25名を逮捕した。  同店は05年9月から営業を始め、この間、約7億円もの利益を上げていたという。  これだけなら、よくある違法カジノ店の摘発に過ぎない。  重大疑惑とは、この捜査の課程で、有名な某政治団体代表の重大関与が浮上した件を指す。  この代表は選挙、旧日本軍の遺骨収集活動なども行っている。  さらに、北朝鮮の拉致問題解決にも奔走したことがあり、これだけ聞けば、先日逮捕された二瓶絵夢容疑者を思い出すが、知名度も政治家との関わり具合も断然、この代表の方が大きい。政治家とのつきあいは与野党問わないが、親密なのは与党側。  捜査関係者が明かす。 「実はバカラ賭博事件の供述で、この代表に、警察の手入れ情報入手のために毎月数百万円払っているとの証言が飛び出した。さらに、他の同様の違法カジノ店も同じ代表に頼んでおり、総計すると毎月1000万円以上のカネを得ていることになる」  この代表は警察出身の政治家等とも懇意で、その関係で情報を入手している可能性もあり、そうなると一大事件だ。  というわけで、警視庁は色めき立った。  この供述をした者と、疑惑の代表との間には仲介者がおり、この人物の証言は極めて重要だった。 「警察の調べ段階ではこの仲介者もちゃんと証言していた。ところが検察調べの段階で供述を翻した。そのため、捜査は行き詰まってしまったんです」(同)  この代表、表の顔とは別に、複数のエセ右翼団体とも交流がある。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧