アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

『プリンセス・マサコ』の広告掲載を拒否した六大新聞

9月21日、東京・有楽町にある日本外国特派員協会のビルで、『プリンセス・マサコ』(第三書館)の出版広告掲載を、六大新聞が拒否したことに抗議する記者会見が開かれた。六大新聞とは、朝日、読売、毎日、日経、産経、中日のこと。記者会見には『プリンセス・マサコ』の著者で、オーストラリア人のベン・ヒルズ氏をはじめ、版元の第三書館代表や、作家で精神科医のなだいなだ氏ら5人が列席した。会場には日本に滞在している外国人記者が大勢つめかけ、関心の高さが伺えた。 『プリンセス・マサコ 菊の玉座の囚われ人』は、実はもともと、今年(2007年)3月に講談社から発売されることになっていた。ところが直前に発売中止になり、改めて第三書館から発売されることになったが、今度は六大新聞が広告掲載を拒否した。  この本、書名から想像できるように、雅子妃がいかに宮内庁に抑圧され、精神的な病におちいったかを、外国人の眼から告発する内容になっている。そのことに「過剰反応」したのか、講談社が発売中止を決断する直前の2月に、外務省と宮内庁が異例にも外国人である著者に抗議。そればかりか、外務省がオーストリア政府にも抗議するという外交問題にも発展していたのだ。  外務省がオーストリア政府に抗議したのは、以下の三点だという。?天皇はハンセン病療養所を訪れている。?着物は封建的な遺物ではない。?日本の政治システムは欧米のサル真似ではない。これについて第三書館側は「?について著者は訂正した、??は外交的懸念事項ではない」としている。  ともかく、外務省や宮内庁の「皇室に対する侮辱だ」との猛反発を背景に、講談社本は出版中止となり、第三書館から出版された日本語版も、六大新聞から広告掲載を拒否されるという前代未聞の事態へと発展した。  言うまでもなく、言論出版の自由が保障された社会では、出版物の内容を評価する権利は、政府ではなく、国民一人一人にある。出版が中止になったり、広告が載らないということになれば、その国民の権利が奪われる。  今回の事態でもっとも情けないことは、朝日新聞が広告掲載を拒否したのは、「名誉毀損など人権侵害のおそれがあるため」としているものの、その根拠としては「宮内庁と外務省が著者とオーストラリア政府に抗議している」ことしか挙げておらず、具体的にどこが名誉毀損なのかには応えていないことだ。これでは、公権力を鋭く追及することなど不可能だろう(あきれたことに、第三書館によれば、ほかの掲載を拒否した新聞社は、朝日新聞の掲載拒否を自社の拒否の根拠にしているという)。  記者会見でヒルズ氏は「今回の出版妨害で、日本のイメージは国際的に傷ついてしまった。また、日本政府の態度は国粋主義者を勢いづけ、私のところにも『死ね、白豚』などと脅迫状が届いている。私の住所を探ろうとしている者もいるようだ。だが、こうしたいやがらせはかえって裏目に出て、オーストラリア以外に5カ国で出版されることになった。タダで宣伝してくれた外務省に感謝する(笑)」とコメントしている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧