アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

大阪地検特捜部が狙う大物仕手筋・西田晴夫

昨26日夕方、ジャスダック上場のシステム開発会社「オーエー・システム・プラザ」(本社・名古屋市)の証券取引法違反(株価操縦)容疑で、大阪地検特捜部は2名を逮捕した。  逮捕されたのは谷口豊容疑者と林茂行容疑者。  実はこの捜査、関西の大物仕手筋と言われる西田晴夫氏を逮捕するための布石と言われる。  西田氏を東京地検が狙っていることは、本紙でもつい最近、記事にした通りだが、こうなると西田氏、東西の最強捜査機関から狙われていることになる。  それにしても、オーエー社と言われても、上場企業とはいえ知名度は低く、また仕手筋関係者の間でも西田氏がそんな企業にまで噛んでいたのか、との見方が一般的だ。  だが、今回逮捕された一方の谷口豊容疑者は知る人ぞ知る西田氏の側近なのだ。 (写真=情報誌『FACTA』07年7月号記事)  関係者が証言する。 「2002年秋の南野建設(現A・Cホールディングス)の第3者割当増資で株価釣り上げしたとして、昨年、Dという会社が強制捜索されていますが、このD社のY社長の一の子分が谷口なんです。  そして本多俊郎や宮城和良両氏ほど有名じゃないですが、西田氏の側近3人衆の一人とも言われている存在なんです」  また、26日早朝、大阪地検特捜部は都内の前出・本多氏の関係先を強制捜索したとの情報もある。 それにしても、なぜ、オーエー社なのか。  別の関係者はこんな見方を挙げる。 「この捜査はNという人物の情報提供で始まったと聞いている。東理ホールディングスの福村(康廣)社長が資金の持ち逃げの件でNを訴えた。その事情聴取の際、頭に来たNが西田の容疑として南野建設と共にこのオーエー社をチクッたというんだ」  本紙既報のこの件の絡みを指すようだ。  また、資金量から見て先にA・Cホールディングスの同容疑があり、その前にオーエー社をやったということのようだ。  いずれにしろ、関与の証拠を残さないといわれる西田氏だが、今度は本当にピンチとの見方が関係者の一致した見方のようだ。  …

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧