アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ネクストジャパンHD創業者兼元社長株式売却とゴルフ場購入の関係

 マザーズ上場のネクストジャパンホールディングス(大阪府吹田市)は昨日(9月14日)、同社のインターネットホームページ上に「平成19年7月期決算短信」を開示した。 この31ページを見てもらいたい。 今年8月21日開催の取締役会で「南千葉ゴルフアンドリゾート」という会社(写真は同社所有ゴルフ場)の株式100%を取得し、子会社にしたと記している。取得価格は実に20億円という巨額さだ。 結論を先にいえば、この「南千葉ゴルフアンドリゾート」という会社はつい先日(8月1日)、社名変更しており、前の社名は驚くなかれ、今年7月11日にネクストジャパンHDの創業者兼元社長・長江芳実氏の所有していた約31%の同社株式を約14億円で取得した「トップワン」(同7月12日に会社分割を行っている。2社とも代表は戸塚大輔氏。なお、同9月5日にはこの戸塚氏、それに元・新トップワン取締役兼務の矢野晋吾氏の2名がネクストジャパンHD取締役に就任)のことなのだ。  本紙は今年8月9日、「ネクストジャパンHD株購入のための担保ゴルフ場」なる記事を掲載している。 「トップワン」が長江元社長の株式を取得するにあたり、その資金捻出のため、所有ゴルフ場(写真)に極度額13億円の根抵当権が設定されているという趣旨の記事だが、そのゴルフ場の名前は「南千葉ゴルフ&リゾート」と記している。 つまり、戸塚社長は14億円の資金を使ったが、わずか40日余り後にそれを上回る20億円の資金を手に入れたということ。 株式取得と、ゴルフ場の買収者が同じで、これが偶然といえるのか? 要するに、トップワンがネクストジャパンHDの長江元社長から株式を購入するにあたり、予めネクストジャパンHD側がトップワンのゴルフ場を会社ごと購入する約束が出来ていたという疑惑が出て来るのだ。 何しろ、ネクストジャパンHDは遊園地を主体とする会社で、なぜ経営不振で赤字経営のなか、ゴルフ場を20億円もの巨額を出して購入する必要があったのか疑問といわざるを得ないからだ。 これを条件に、長江元社長は高値で自分が持っていた株を買ってもらった(当時の時価の約2倍)のだとすれば……。 しかも、この取引の一方のトップワンは、いま当局が注目している中堅不動産会社「ABC」のダミーとの見方もあることは、本紙既報の通りだ。 P・S 9月16日、この記事に対し、長江元社長の関係者から反論があったので報告しておきます。 一言で言えば、長江氏は20億円のゴルフ場買収の件は一切知らず、したがって株購入とゴルフ場購入のバーター取引はあり得ないという。 長江氏が(1)株を売却した時期(07年6月)、彼は代表権がない=したがってバーター取引できる権限がない(06年10月に代表取締役社長を退任。取締役会長に)、(2)ネクストジャパンは確かに遊園地事業から出発したが行き詰まり、総合レジャー事業に移行しようとしており、その一環としてゴルフ場購入をしてもおかしくはない、というものでした。 (追加掲載は9月16日午後8時35分にしました)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧