アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

カリスマ・ヘッドハンターの夫に投資ファンド詐欺疑惑

 大野りか子氏といえば、著書(写真)のように「カリスマ・りか子」とも呼ばれる凄腕のヘットハンターとして業界では知れる御仁。  著書によれば、北海道生まれ。大学卒業後、ブランド衣料会社でトップ・セールスをやって27歳で独立。コンパニオン派遣業からヘッドハンター業界に飛び込む。外資を中心に1000名以上をハンティングした転職のプロ。現在、「イー・エージェント」(東京都港区)社長。  ところが、その夫がいま流行のファンドへの投資仲介で詐欺まがいの行為を働き、民事・刑事で告訴の動きが複数あるという。  夫は別人格とはいえ、被害者の一人によれば、前身の会社は2人で作ったものだし、妻の知名度を利用、「彼女の夫」と告げて投資家の信用を得ているというから、そうなると彼女も無関係とはいえないのでは。  それに、夫・大野浩司氏は同様の前科が複数あるという。 「彼が巧みはところは、まず投資事業組合を使ったファンドに投資を勧めるが、その際、組合の代表には別人を就け、自分は直接、表には出ないことです。そして、このファンド資金は実際には投資には回されず、代表者はドロンする。その際、彼はあくまで善意の第3者を演じ、その持ち逃げしたされた資金を取り返してあげるといってさらなる資金を出させW詐欺をやるのです。今回は約20億円を集めています」(被害者の一人)  それでいて、本人はジャガーなどの高級車を乗り回し、いまもりか子氏と都内一等地であるホテルオークラ裏の高級マンションに住んでいるという。  この件は、追って詳細を報告するつもりだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧