アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

厚労省前局長金品提供疑惑に、キャリアの出世ノンキャリ叩き説

厚生労働省の松嶋賢・前九州厚生局長(59。すでに退職)が、大阪府内の社会福祉法人の前理事長から金品を受け取っていた問題が連日、大手マスコミを賑わしている。 これを受け、就任したばかりの舛添要一厚労相(上写真)は、事情聴取途中から早くも退職金返還など、世間受けする重い処分の可能性を臭わせている。  だが、舛添厚労相自身、認めているように、前局長は金品を受け取った時期、職務権限のない部署にいた(同社会福祉法人には13億円の補助金が出ていた)。また、以下に前局長の「上申書」コピーを添付するが、そこで述べられているように前局長と前理事長は35年来の極めて親しい親戚関係から来るつき合いがあり、国家公務員倫理法の例外規定(入省前からのつきあいで、職務上知り合った関係ではない)に当たると本気で思っていた節がある。 しかも、前理事長が貸したとされる1500万円は、倫理法に抵触しないように「妻名義」としていたのではなく、本当に妻に対して貸し付けたものだった可能性が高い。 厚労省幹部の不祥事といえば、トップの事務次官だった岡光序治の汚職が思い浮かぶが、そのような悪質さはないとの声も省内にはある。では、なぜこれほど騒がれるのか? (写真文書は、本日付の松嶋前局長「聴取書」) 九州厚生局長といえば九州トップの席で、キャリアが就任するのが普通。その点、松嶋氏はノンキャリで例外的に大出世して就任していた。 しかも仕事に対する省内の評価は高く、人物評も悪くなく、それ以前に同ポストに就いていたキャリアのなかには妬みから内心、快く思っていなかった者は多いと明かす関係者もいる。質素な生活で、退職金を取り上げられると本当に老後の生活に困るみたいです。胃を悪くして全部摘出しており、再就職先でバリバリ働ける体でもないですし……。 省内では、彼を妬んでいたキャリアが、やる気満々の舛添氏が就任したいま、このネタをマスコミに流したら、桝添氏が世間受けを狙って必要以上に重い処分を下すとしてリークしたのでは、と見ている者もいます。彼に甘さがあったのは事実だが、何もかもゴチャ混ぜにして“魔女狩り”をするのはいかがなものか……。一部、同情論も出ています」(事情通) そういえば、本紙既報の防衛省における守屋武昌前事務次官VS小池百合子前防衛相のとばっちりで、守屋派だった佐藤勉前沖縄防衛施設局長(防衛施設局は9月1日に防衛省に統合)にも金銭や女性スキャンダルが週刊誌などで実名報道され、佐藤氏も守屋氏同様、この8月31日で退任した。だが、これらスキャンダルを裏づける確たる証拠は上がっていない。 その佐藤氏が就いていた沖縄防衛施設局長も本来、キャリアが就くポストだが、佐藤氏はノンキャリだった。 「ノンキャリが大出世すると必ず一部キャリアに妬まれる。そのことと、本来のキャリアの腐敗は区分けしなければ、優秀なノンキャリは育たず、結局、腐敗したキャリアを利することになるのだが……」(同) (写真=松嶋前局長の舛添大臣宛「上申書」)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧