アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

東京地検特捜部が進める防衛系商社「山田洋行」捜査の行方

東京地検特捜部が、本紙でも何度も取り上げている防衛系商社「山田洋行」(東京都港区)に関連して捜査を行っているのはまず間違いないようだ。 こうしたなか、今週発売の「週刊ポスト」がご覧のような特集記事(写真。4頁)を組んだ。 タイトルを見てもおわかりのように、この8月末で防衛省を去る“防衛相の天皇”とまで呼ばれた守屋武昌防衛省次官の疑惑を報じたもの。 酒や女性、ゴルフ場で接待をしていたとの疑惑が出ている相手方は山田洋行の元社長・宮崎元伸氏。 接待に対する見返りは、宮崎氏、本紙でも既報のようにすでに山田洋行を去り、現在、新興企業「日本ミライズ」の代表を務めており、同社が米GEの代理店になる(この9月1日の予定だったが、この間のゴタゴタで延びている)件を匂わせている。 これだけ見れば、地検が狙っているのは守屋次官ということになる。 だが、本紙が得た情報によれば、事情はかなり異なるようだ。 関係者が漏らす。 「特捜部の(特殊直告)1班が、山田洋行の者を次々と呼んで事情を聞いていたのは間違いありません。ですが、これには山田洋行の内紛が絡んでいます。 宮崎社長に会社を去られた山田(正志)オーナー側にすれば、宮崎氏憎し。しかもGEの代理権に商権を奪われまいと情報提供をしたのでしょう。宮崎社長が守屋さんを接待していたのは事実でしょう。しかし守屋さんの家は裕福ということもあり私欲が少ないので、それで贈収賄に繋がるような見返りをした事実はない。特捜部もそれは現在ではわかっているはずですよ」 この宮崎氏が山田洋行の常務、社長時代に接待した相手は守屋次官に止まらない。 引退した田村秀昭参議院議員(元空将)、久間章生前防衛相、西村真悟代議士(元防衛政務次官)、玉澤徳一郎元防衛庁長官の名前も上がっている。しかも、特に久間氏、玉沢氏に関しては本紙既報の防衛利権のフィクサー・秋山直紀氏とも懇意で、彼もセットでターゲットにされているとの見方も。 前出・関係者はこう続ける。 「守屋氏に関しては詰めれなかったから、9月に弾けることはないのでは。今後、他の疑惑の政治家などにとこまで迫れるか。それには少なくともまだまだ時間がかかると思います」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧