アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「過剰かつ不当」と、取り調べられているパチンコ業者が警視総監、都知事宛に捜査是正等「要求書」提出

本紙は今年7月30日、「警視庁本庁が異常な執念を燃やす、某パチンコ店捜査に疑問の声も」なるタイトル記事を報じた。   いま現在も連日のように事情聴取等が行われており、これまでに対象者は従業員12名、元従業員までいれれば20名を超す模様で、不正ロム設置や遠隔操作等の不正行為と比較すると異常な執念と思わざると得ない。  こうしたなか、捜査を受けているパチンコ会社社長は、昨日、代理人弁護士名で警視庁警視総監と、管轄する東京都の石原慎太郎都知事宛に過剰かつ不当捜査の是正を求め、「要求書」を出したという。  前代未聞のことといっていいだろう。  以下にその「要求書」を添付するが、関係者によれば、事情聴取した元従業員に対し、処分権限がないにも拘わらず、捜査責任者は「営業停止か免許取り消しにしたい」と言ったり、捜査初期段階から捜査情報が他のパチンコ関係者に漏洩されているなど、本来、あってはならないと思われる疑惑が多々挙がっているからだという。  さる事情通氏からは、こんな証言も出ている。 「今回の捜査責任者に関しては、以前も産業廃棄物捜査絡みで、特定の業者を執拗に調べ過ぎると疑問が出ていた。そのため、ライバル業者と癒着しているので、との声も出ていたほどです」  まさかとは思うが、そうした声が出ること自体、捜査責任者として失格ではないか。誤解を招かないためにも、警視総監等は「要求書」を無視するのではなく、最善の策を取っていただきたいものだ。 (写真=同文のため、警視総監宛文書のみ添付した。ただし、個別名の部分は消した)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧