アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

自動車部品大手「プレス工業」と「日産ディーゼル」役員等天下り会社との産廃処理巡る不透明

産業廃棄物の処理を巡っては、闇夜に紛れて不法投棄するといったケースは相変わらず少なくない。  それに比べれば、産廃を出す大手企業側から有力OBが天下りした企業が産廃処理の受注先を紹介、手数料をいただくのはどこの業界でもある話で、それほど目くじらを立てる話ではないとの意見もあるかも知れない。  だが、その取り分が5割、6割もであればどうだろうか。受注した企業はこれでは割に合わないと不法投棄に繋がる恐れだってある。そうなった場合も、真っ先に責任を問われるのは産廃処理を頼んだ企業側なのだから決して軽い問題ではないだろう。  自動車部品大手、東証1部「プレス工業」(神奈川県川崎市)とK社(埼玉県上尾市)との関係はまさにそれに当たる。  本紙・山岡はこの1日発売の月刊経済誌『ZAITEN』(07年9月号)でその件をレポートした(横写真)。  プレス工業はかつて、ボルボ社が傘下に収め上場廃止になる東証1部「日産ディーゼル」が大株主で、現在も主要取引先。  そこの元取締役で埼玉地区の常務取締役まで務めた人物、それに埼玉の現場で下請けに仕事を出す権限を持っていた者の2人が、K社に天下っていた。 (冒頭写真=K社は日産ディーゼル小子会社の「関東日産ディーゼル」支社に同居している。右写真の後方に見える建物左端=黄色囲み箇所が、左写真のK社事務所)  ここで強調しておきたいのは、K社は産廃処理関係の許認可をまったく取っていない事実。  したがって、産廃処理業者への発注は、産廃処理法で禁じている「再委託」(丸投げ)にすら該当しない。それほど無茶苦茶なことをするとは想定してなかったからだろう。  では、いかにしてK社はベラボーに高い手数料をいただくのか。  この脱法行為とも思える手口とは、こういうことだ。  プレス工業と、仕事を発注した業者とはちゃんと委託契約書を結ぶが、その契約書とは別に、「覚書」がプレス工業やK社との間で交じらされており(写真)、K社は発生する支払い料金の「管理者」として登場し、「管理料」名目で実質、再委託料金をまるまるいただく。そして、手数料をまず自分が取り、残りを実際に産廃処理に関わった業者に支払う。  この「覚書」の「管理料」が、再委託料金をもらうことを合法化するための名目に過ぎないことは、相場の10倍といったベラボーな手数料をK社がもらっていることでも明らかだろう。  それにしても、前出「ZAITEN」における山岡の取材申し込みに対する対応は異常とも思えるものだった。  プレス工業の広報は業務を放棄して埼玉工場の担当者に直に聞いてくれとあり得ない回答、そして埼玉工場の担当者は再三連絡を入れても電話口にすら出もしなかった。明らかに逃げているとしか思えない。これでは、プレス工業側はK社に何か弱みでも握られているのでは、とも思ってしまう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧