アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「卒業までに朝鮮学校の無償化実現を」と、東京・渋谷で即時適用を求める緊急集会

 2010年度から実施されている高校授業料の無償化だが、朝鮮学校(民族学校)については今も適用が除外されているのはご存知の通り。昨年8月、菅直人前首相が文部科学省に対し、適用するか否かの審査をするように指示してから半年以上が経過している。
こうしたなか、3月1日午後6時より、無償化の即時適用を求める緊急集会が東京・代々木公園にて開かれ、約1530人(主催者発表。冒頭写真)が参加した。
主催したのは、朝鮮学校保護者の会、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会、フォーラム平和・人権・環境の3団体。
冒頭、主催者の1人は「高校無償化と北朝鮮による拉致問題を混同してはならない。教育を受ける権利はどの子供にもある」と集会の意義を述べた。
 登壇した東京朝鮮中高級学校の高校2年生は、「民族の文化、言葉を学び、楽しい学校生活を過ごしたいだけなのに、政治や外交を理由にその願いが一蹴されている。大震災では日本人も朝鮮人もお互い協力できたはず。何とかしてぼくたちの代で無償化を実現したい」と語った。朝鮮大学校の1年生は「他の外国人学校は無償化が適用されている。民族の多様性を言うなら、文科省は国連人権委員会の勧告を受け入れて朝鮮学校にも無償化を適用して欲しい」と訴えた。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧