アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「朝日新聞は解雇撤回を!」ーーヘラルド朝日労組が朝日新聞本社前で抗議行動

7月27日午後4時過ぎから、朝日新聞本社(東京都中央区築地)の前で、ヘラルド朝日労組が抗議行動を行った(上の2枚写真)。  ヘラルド朝日労組とは、本紙既報の通り、朝日新聞の英字紙「ヘラルド朝日」で働く人々が労働者としての権利を求めて2002年11月に立ち上げた労組。 この労使紛争、何が問題なのかといえば、朝日新聞とスタッフは実質的には雇用関係であったにも拘わらず、朝日新聞は「業務委託」だと主張し、社会保険や休暇など労働者としての権利を一切認めなかった点。 朝日新聞がキャノンなどの偽装請負を暴く報道をして来た割には、「言ってることとやっていること」の落差が大き過ぎるのではないか。 今年3月、地位確認を求めて争われた東京地裁の裁判では労組側に敗訴の判決が出ているが、現在、控訴中。 この日、朝日新聞では就職活動中の学生向けに、セミナーが開かれていた。 そこで労組側は、「新聞記者になりたい、マスコミで働きたいみなさんへ」というビラ(下写真)を作り、10数人で正門前でビラ撒きを行った。  正門前には、「本社敷地内での抗議行動と集会は禁止します 朝日新聞社」の看板が置かれ(写真)、ガードマンが4人ほど直立不動の体制をとって警戒していた。 ビラを撒きながら、ヘラルド朝日労組と支援の人たちが、ハンドマイクを握って通行人や学生に口々に訴えた。 「朝日新聞は社説で『パートタイマーにやさしい会社を』と述べていたのが、私たちとの団体交渉では『編集方針と労務方針は違います。場をわきまえて発言して』と公然と言い放った」、「3人の仲間を職場復帰させるまで闘う」、「朝日は私たちの要求を一切認めない、組合も認めない。そして不当に解雇しました。学生のみなさん、私たちの取り組みに注目してください」。 ビラの受け取り具合を聞くと、学生は就職に差し障りがあると思ったのか余り受け取らず、むしろ朝日の正社員らしい人たちがよく受け取ってくれるという。自分からビラを受け取りに来る人も多かったそうだ。 ヘラルド朝日労組の奮闘はこれからも続く。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧