アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ネクストジャパンHDの筆頭株主に躍り出た若手社長の正体

7月11日、会員制複合レジャー施設運営のマザーズ上場「ネクストジャパンホールディングス」(本社・大阪府吹田市)の創業者兼会長の長江芳実氏(写真)が所有する約32%の株式すべてを、リゾート施設などの運営をする「トップワン」(東京都中央区)に売却したのはご存知の通り。  売却価格は明らかにされていないが、同日の株価(約1万5000円)で計算しても7億円、否、倍近い価格で取得したとの見方もある。  ところが、そのトップワンは従業員10数名、年商数億円の中小企業。社長の戸塚大輔氏はまだ20代の若さと来ている。  そんなわけで、戸塚社長はダミーで、背後に本尊ないし金主がいるとの見方が出ている。  では、それは誰なのか。  結論を先に言えば、どうやらそれは年商100億円以上の売上げがある不動産会社「ABCホーム」(東京都千代田区)の塩田大介会長のようなのだ。  戸塚氏は他にも複数の会社代表に就いており、そのなかには千葉県の造成途中で中断したゴルフ場などもあるが、これも資金を出しているのは塩田氏と見られる。  確かに、トップワンの信用調査会社資料によれば、取引先としてABCホームも入っている。  またトップワンは店名からしてダンス関係のショップも経営しているが、塩田氏が「日本ダンス議会」(写真は同議会のロゴ)という有限責任中間法人を実質、主宰、その名誉会長に中川秀直自民党幹事長が就任していることは本紙で以前、指摘した通り。  このように精力的に事業展開しているとする関係者のなかには、本紙でも既報のXデーについて、「本当にそうなら、こんな動きはしないはず。もう危機は去ったのでは?」との見方も出ている。  だが、全国紙社会部記者の間では、「政局に影響を及ぼすことを懸念して参議院選前は見送っただけのこと。いよいよ、これから」との見方が大勢だ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧