アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(76)元セガ社長の上場錬金術に疑問の声

今年6月6日、人材派遣業の「トラストワークス」(本社・神奈川県相模原市)はジャスダックへの株式上場を果たした。  同社の最大の株主は、代表を務める投資会社「アミューズキャピタル」と個人で計63%以上を所有する中山隼雄氏(写真)。  そう、ゲーム大手の「セガ」を社長として東証1部に上場、さらに人材派遣の「パソナ」を会長としてヘラクレスに上場させた御仁。 トラストワークスが経営不振に陥っていた04年、中山氏率いる前出・アミューズキャピタルの支援を受けたことによる。  これだけ聞けば、中山氏が今回の上場益の恩恵に預かっても当然と思えるが、兜町の事情通の間では疑問の声が強い。なぜか?  トラストワークスは製造派遣・請負が主体。そのトラストワークスの子会社に「トラスト・テック」がある。こちらは設計エンジニア派遣。したがって、高い技術力が要求される分、派遣費は高く、それだけ収益性も高く、トラストワークスは収益面では連結対象のこのトラスト・テックに大幅に依存している。  ところが、このトラスト・テック、実は 「クリスタルグループのティエスティ、それにバンテクノから大量にエンジニアを引き抜いて(コンプライアンス違反)設立された会社なんだ」(事情通)  そう、クリスタルとはグッドウィル・グループが買収した人材派遣最大手のこと。  実はトラスト・テックの代表を務める小川毅彦氏は、クリスタルグループの1社、「クリスタル観光バス」の元社長だったのだ。 「中山氏は以前から小川氏と面識があり、彼がクリスタルグループを出て独立したいと出資を要請、中山氏がやはりアミューズキャピタルから出資し、トラスト・テックは04年9月設立。その1年後にトラストワークスの子会社になったんです」(同)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧