アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

オックスホールディングスのサラ金買収に疑問の声

 本紙でも何度か疑問を指摘しているヘラクレス上場「オックスホールディングス」(本社・東京都中央区)が、また不可解な動きをしている。  6月22日、同社は総額約25億円(2回分)の第3者割当増資を行うと発表した。  年間売上高20億円余りの企業なのにそれを上回る赤字があり、「継続企業前提に疑義の注記」が付いているなか、1回目調達予定の約10億円は運転資金に、そして2回目の約15億円はサラ金「キャスコ」(大阪市中央区。写真は同社キャラクター)を“統合”するために使うという。  だが、周知のようにサラ金はグレーゾーン撤廃、過払い金返還、さらに過払い金の返還にはその間の利息払いも義務と最高裁が初判断する(7月13日)など、取り巻く状況は厳しさを増す一方で、いまや斜陽産業。大手さえ経営は厳しいと言われている。  武富士などが1兆円以上の融資をしているなか、キャスコは500億円台の規模で業界20位当たりにランクされている(記事中の表参照)。確かに、約2年前に同社を買収したジャスダック上場の携帯コンテンツ会社「フォーサイド・ドット・コム」(東京都新宿区)が新事業拡大路線から撤収する決定をしており、その点だけ見れば買い時かも知れない。だが、総合的に判断すれば得策でないどころか、無謀との声さえある。  その証拠に、オックスホールディングス社内でも金融業強化に再生をかける落合伸治前社長(写真。キャスコ代表をこの6月22日まで務めていた)に他の役員が反発、結果、落合氏はオックスホールディングスの社長を同じく6月22日に退任している。  それにも拘わらず、キャスコ買収を目的とする第3者割当増資を決めたのは、同社広報によれば、「落合氏退任が第3者割当増資の前提」条件だったからという。  どうにも話が矛盾していると思わざるを得ない。  こんななか、関係者からはこんな見方も出ている。 「落合氏はオックスからいよいよ逃げ出すのでないか。その過程で、自分の息がかかっていたキャスコを買わせ、何からの方法で自己利益を得る算段になっているのでは」  なお、同社は7月17日、臨時株主総会招集に関するお知らせを行った。9月中旬に開催するというが、そこでどんな議題が出されるのか注目される。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧