アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

当局が狙う、旧・日本ファーネス工業増資で暗躍した西田晴夫グループ

現経営陣が旧経営陣を切ったことで、いよいよ西田晴夫グループ摘発の準備が整ったとの見方が出ており、全国紙記者も取材に動いている。  省エネ型工業炉用燃焼機器、住宅販売が柱のジャスダック上場「NFKホールディングス」(旧・日本ファーネス工業。横浜市鶴見区)は、この5月18日、当時の同社役員2名と、「クェスト・ビー」(右写真は東京都中央区の入居ビル)、代表の本多俊郎氏に対し総額約15億円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に提起した。  同社は2004年7月、43億円の資金調達をしたが、その際にスキームを作った本多氏、そして2人の当時の役員は、これほどの資金を必要としてなかったにも拘わらず過大に調達した。そして、うち少なくとも本多氏が責任者だった投資事業組合に出資した16億円は無駄な資金で、しかもこの投資は回収不能になったから連帯して支払えというもの。  今年1月29日に同社の「特別調査委員会」が出した最終報告では、本多氏等被告訴人は特別背任罪の共犯とまで言い切っている。 (左写真=情報誌『FACTA』07年7月号記事。西田グループのことが載っている)  この間、証券取引等監視委員会はこの投資事業組合の関連資料を押収している。また、特別調査委員会はうち約5億円は使途不明になっていると報告しているわけで、東京国税局が本多氏等が横領している可能性もあると見て昨年末、関係先に強制調査をかけたとの報道もある。  この本多氏、仕手筋関係者の間では大物仕手筋・西田晴夫氏の番頭格と見られている。 当時のクェスト・ビー(左写真=ビル入り口)の役員のなかには宮城和良氏もいたが彼も西田グループの一人。この宮城氏は上場廃止、そして事件化した「日本LSIカード」の主犯・笹尾孝明等と共に非常勤ながら役員に就任していた。また、クェスト・ビーには同じく上場廃止、事件化した「丸石自転車」関連で逮捕された野田耕一もいた。 さらに、クェスト・ビーは05年9月、同じく「リキッドオーディオ・ジャパン」時代に逮捕者を出し、その後も業績は低迷、仕手筋のオモチャにされ続けているマザーズ上場「ニューディール」の株式27・53%も保有したことがある。その資金約10億円は、ジャスダック上場「クオンツ」から借り入れ(総額は12億円)られ、同日、売却されている。  ところで、クェスト・ビーが入居するビルの同じ部屋には、「アクスル」なる会社も同居している。同社の共同代表にかつて前出・宮城氏、野木が就いていた。  このアクスルは前述の43億円資金調達の際、うち1億円の出資を受けた。そしてこの間、NFKホールディングスの小会社と共同で新モーターの開発を目指すとして資金を垂れ流して来たが、この3月末、この事業を打ち切り、子会社は解散することが決まった。  資金難に付け入り、様々な名目で資金を食って来たと思われる西田グループ。本多氏等はすでに所在不明とも言われるが、果たして事件化するのか、注目される。 (右写真=ビルの郵便受けには資金調達時の「FS投資事業有限責任組合」を始め、多くの関連会社の名前が)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧