アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

渋谷温泉施設爆発事故ーーついに責任追及が始まったユニマットライフ・高橋洋二会長

本紙既報のように、今回の渋谷温泉施設爆発事、グループ会社を率いる東証1部「ユニマットライフ」(本社・東京都港区)の高橋洋二会長(写真。64)に事故防止の管理責任があったように思うと指摘していたところ、やはりというべきか、その責任を問う動きが出て来た。  まず1つは、事故後、初めて高橋会長が謝罪のために遺族を訪ねたこと。26日のことで、事故からすでに一週間経過している。  これに対し、事故で亡くなったアルバイト従業員(23)の父は、「なぜ、グループのトップがすぐに公の場に出て説明しないのか」、「(温泉施設の女性社長に)すべて責任を被せて逃げないようにしてもらいたい」、さらには「あっち(食肉偽装のミートホープ社)の方がまだまし」などと痛烈に批判している。  一方、警視庁渋谷署捜査本部は同26日、業務上過失致傷容疑で、温泉施設運営会社の親会社「ユニマットコスモス」など計10箇所を家宅捜索。さらに翌27日には高橋会長から事情聴取する方針を固めたとの報道も出ている。  温泉の掘削や施設建設の発注をしたのは別のグループ企業「ユニマット不動産」。そして昨年1月の開業から同年4月までは運営も同社が直に行っていたという。  ここで思い出して欲しいのは、本紙既報のように、この「ユニマット不動産」はあの南青山の地上げに関係していたこと。  その後、この土地は外資サーベラス傘下企業「プロビデンス」へ売却され、ユニマット不動産はかなりの売却益を得たと見られる。  ユニマット不動産の前の所有者は「ゼゼコーポレーション」(東京都港区)。同社は事件記者の間では著名な野呂周介氏の関係する会社と見られる。  野呂氏は元広域暴力団組長。高級外車販売を行っているが、同社はイトマン事件で塀の中の落ちたあの“政界フィクサー”=許永中(服役中)一派が使用してた東京・元赤坂1丁目のビルの部屋を所有していたこともある。 それにしても、いま同じく世を騒がせているグッドウィルグループ・折口雅博会長もやはりこの南青山の地上げに手を出していたのは単なる偶然とは思えない(こちらは失敗。写真=参考記事「財界展望」01年6月号)。 「これら面々が関わるきな臭い土地、しかも地上げ地の一部を買い占めて居座り、高値買取を迫るようなこの案件を、ワンマンで鳴る高橋会長の決済なくしてやれるわけがない。この会社が当初、渋谷温泉施設のすべて仕切っていたということは、まさに今回の事故の最高責任者は高橋会長ということですよ」(事情通)  今後の捜査の行方が注目される。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧