アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

朝鮮総連本部売却問題で、政治結社が自民党本部に押しかけ名前を挙げた3名の代議士

朝鮮総連本部売却問題で、責任を問われている元公安調査庁長官の緒方重威氏――この緒方氏の後ろ盾だったとして、政治結社「皇民党」(本部・高松市)が自民党本部(=写真。東京・永田町)に押しかけて責任を追及していたことが判明した。  この6月19日のことだという。  その大物代議士とはいったい誰なのか?   関係者が証言する。 「森喜朗元首相(写真)です。何でもスポーツを通じて緒方氏と知り合い、緒方氏は森さんの紹介で某大学で講師をしていたそうです。どういう関係かは不明ですが、さらに北朝鮮問題に関心を持ち、単独で訪朝するなどしている山崎拓氏、それから元警察庁キャリアの平沢勝栄代議士の名前も出たと聞きます」  自民党本部を訪ねたのは皇民党の者が2名、それに別の政治結社「誉心会」(本部・愛媛県)の会長も同行していたという。  もっとも、彼らはすでに今年2月の段階で自民党に対して「問い合わせ」をしていたとの有力情報もある。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧