アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

怪文書が明かす、亀岡偉民代議士の養子入りの内幕(?)

2005年9月の“郵政解散選挙”(福島1区)で、5度目のチャンレジにしてようやく当選した亀岡偉民代議士(左写真。自民党・旧森派)。  一般には新人代議士など注目するに値しない。だが、本紙にとっては事情が異なる。  既報のように、本紙・山岡は今も世界的建設コンサルタント企業「パシフィックコンサルタンツ」グループの元代表と記事の件で係争中だが、そのパシコンを裏で支える、中堅ゼネコン「熊谷組」出身の御仁だからだ。  この亀岡氏、農相、建設相まで務めた亀岡高夫代議士(故人)に養子に迎えられている。高夫氏に子がいなかったためだ。  その養子入りの内幕を暴いた「怪文書」(A4版3枚。以下に転載)が、永田町界隈に出回ったのは今年4月のことだった。 (右写真。東京都杉並区の自宅)  この4月の地方統一選挙で、亀岡氏と親しい関係にあるとされる地元の新人女性市議が、亀岡氏の強い推めにより、いきなり県議選に出馬(結果は落選)したことから、この“暴挙”に怒った義父・高夫氏を支えて来た後援者が出したと思われる。  というのも、同文書(左写真)によれば、亀岡氏の養子入りは巷間言われている事情とかなり異なり、どろどろした利権話が亀岡氏の母も含めてあったとされるからだ。  もっとも、私情が絡んでいるだけに内容の裏取りは絶対に必要だが、本紙がこの文書の信ぴょう性が高いとして転載を決断した一つは、高夫氏の自宅(冒頭に掲載)には、文書に書かれていた通り、亀岡氏名義で、巨額の抵当権が設定されていたからだ(右写真)。 (文書の一部固有名詞は、本紙の判断で黒塗りとした)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧