アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

玉澤徳一郎代議士事務所と元暴力団組員会社が同居(しかも公設秘書が役員に)

 玉澤徳一郎氏(写真)といえば、自社さ政権で防衛庁長官を務め阪神大震災、オウム事件で脚光を浴び、小渕第2次改造内閣では農水大臣も務めた自民党(旧森派)の実力者。現在は政治倫理審査会の会長も務めている。  そんな御仁が、いくら元とはいえ、広域暴力団元組員で、引退後も本業の仕事の談合に絡んで組事務所に仕事相手を監禁し逮捕された人物の会社と事務所を共有しているのはいくら何でもマズイだろう。  今年5月、そんな内容の「告発文書」(以下に転載)が永田町関係者の間に流れた。調べてみたら、信ぴょう性の高い話だったので以下、紹介する。  問題の会社は「後藤組」(本社・新潟県長岡市)。代表は後藤孫民氏という。  その後藤氏、確かに2002年2月に警視庁捜査4課(当時)に傷害罪、談合罪で逮捕されている。  東京都水道局が発注した工事で、仲間の業者が受注できるように談合したが、談合破りを行った業者がいたとして、その業者社長を拉致し、広域暴力団住吉会系の組事務所に数時間に渡って監禁したという容疑。後藤氏が以前所属していたのはこの住吉会と見られる。 その「後藤組」の東京出張所は、玉澤代議士の東京・平河町の事務所(玉澤代議士の資金管理団体「21世紀への政策研究会」が入居)と同住所にあることが後藤氏の名刺から確認できた。  しかも、「後藤組」の取締役には玉澤代議士の政策秘書・仲谷俊郎氏が就任しているのだ。 これでは、不適切な関係と指弾されても当然だろう。まして、玉澤代議士は現在、衆議院の政治倫理審査会会長なのだから。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧