アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「朝日新聞」記者を名誉毀損で告訴、受理直後、逮捕された元東洋大学教授

左に掲げた記事のように(「日経新聞」6月13日)、昨6月13日、警視庁は診療報酬や調剤報酬の不正請求をしたとして、元東洋大学法学部教授で弁護士の林田学容疑者(51。右写真)など3名を詐欺の疑いで逮捕した。  ところが、この逮捕に先立ち、その林田容疑者は、この疑惑は事実無根だとして名誉毀損罪で「朝日新聞」のこの取材を担当した2人の記者を東京地検に告訴(5月30日)、それだけでなく、逮捕のわずか6日前に「受理」されていたと、林田容疑者が開設している「ベルエア法律事務所」(東京都渋谷区)の担当者は断言する。  名誉毀損相手が「朝日新聞」なのは、この疑惑を朝刊1面でスクープ(昨年12月13日)したのが同紙で、この後、林田容疑者は猛烈に抗議、しかしその後も朝日は続報を出し、これが一連の疑惑、逮捕への流れを作ったというのが林田容疑者の主張。 「そうです。6月7日に確かに受理されています。したがって、林田は逮捕されたいまも容疑を完全否認しています」(法律事務所担当者)  だが、こんな“ねじれ現象”、本当にあり得るのか。 (以下に、「告訴状」コピーなど添付)  警察は原則、告訴はすべて「受理」しなければならない。それに対し、捜査する検察官の数がひじょうに限られる検察は「受理」しなくてよく、限られた捜査は主に政治家など巨悪に向けられる。要するに、警察が建前上だけ「受理」するケースが圧倒的なのに対し、検察は「受理」した以上、それなりの捜査はやる。つまり、検察の「受理」はそれだけ重みがある。  その一方、警視庁の今回の逮捕は、実質、検察がゴーサインを出している。その検察が一方で、本当に名誉毀損=事実無根の言い分の容疑者の告訴を「受理」するか、大いに疑問なのだが……。  参考までに、本紙に届いた「文面」(右写真。なお、黄色線文面の“地裁”は“地検”の間違いと思われる)と告訴状(左写真)表紙を添付しておく。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧