アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(66)有名マンション業者にも耐震偽装問題浮上

上場し、全国展開している某有名マンション業者の物件で、耐震不足物件が発見された。ところが、その分譲マンション購入者に金銭を払って揉み消しを図っているというとんでもない情報が飛び込んで来て、一部関係者の間で話題になっている。  その有名マンション業者は業績悪化で、現在、別の上場企業の支援を受けて再建中。万一、この情報が信実で発覚すれば、こちらの企業のダメージも大きいことだろう。  問題の分譲マンションは千葉県G市内の物件。購入した一人が、まだ建設して間もないのに壁に亀裂が入っていることに気づき、耐震偽装問題が世を騒がせた昨今、不審に思って自分でプロの業者に見てもらったところ、「震度5でも倒壊の恐れがある」との診断結果が出たという。ところが、その後、その業者は大金を補填したものの、その条件として他言しないことが含まれていたという。そして、同じマンションの住人にもそれなりの金銭を支払い、完全に口封じしたというもの。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧