アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「学会と矢野氏が歴史的手打ちーーお蔵入りした『暴力団』本の中身」(『週刊朝日』明日発売号)

 明日発売(都内一部では本日)の『週刊朝日』(3月9日号)が、本紙がいち早く報じた、創価学会と矢野絢也・元公明党委員長との“手打ち”の件につき、報じている(冒頭写真記事。2頁)。
本紙は昨日の関連記事の最後で、「ある大手週刊誌がすでに取材を終えており、来週前半には特集記事が出る模様だ」と記しているが、それはこの週朝のことだった。
週朝記事では、最近の池田大作名誉会長の動向には一切触れていないが、今回の和解、「ポスト池田」レースにも影響するのではないかとして、ポスト池田(会長)候補につき、ある見解を紹介している。
さらに興味深いのは、矢野氏との和解で、学会がホッとしているのは、指定暴力団「山口組」傘下の旧後藤組との癒着関係を暴露されなくなったことではないかとの見方だ。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧