アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(65)相場操縦容疑者が扱っていた他の銘柄

大証2部で、三井物産翼下の二輪車用塗料最大手の「川上塗料」(兵庫県尼崎市)の株価を不正に操作し、株価を上げた容疑で、さいたま地検特別刑事部は6月7日、2容疑者を証券取引法違反(相場操縦)で逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。  2容疑者が株価を上げたとされるのは2003年4月3日から同年5月14日にかけて。株価は214円から倍以上の517円にまでなったという(写真=川上塗料チャート図の黄色マーカー部分)。  この2容疑者は、以下の2銘柄でも怪しい動きをしていたとして、兜町では話題になっている。  無職とされる中前祐輔容疑者はジャスダック上場の「アイビーダイワ」(東京都千代田区)。そして会社役員の関沢賢治容疑者はマザーズ上場で、プリント・ガラス基板検査装置の開発・企画が柱の「オー・エイチ・ティー」(広島県福山市)。  2人の関与は不明ながら、前者は以前から有名な仕手銘柄だし、後者は本紙でも既報のように、この5月に株価が急落、仕手が介入した結果との見方も出ている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧