アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(63)「循環取引」の黒幕と名指しされていたIT系企業が倒産

この連載57回目で、「いわゆる『循環取引』の黒幕」というタイトルで報じているIT系企業がある。  最近、ヘラクレス上場企業の連結対象になっていたのだが、そのN社が5月31日、大阪地裁へ自己破産を申請していたことが明らかになった。  2006年11月期には年間約237億円の売上げを誇った。だが、取引上のトラブルから急激に資金繰りが悪化。また、ヘラクレス上場企業は取得時の株価に関する重大な疑義があったとして連結対象とすることを取り止めると共に、損害賠償請求訴訟を提起するとしている。  その兜町で注目の破産申請した企業とは、通信機器販売主力の「NAJ」。負債額は約30億円。  連結対象にしようとしていたヘラクレス上場企業とは人材派遣の「オープンループ」(本社・札幌市)を指す(以下は、同社HP公表のNAJ関連ニュース)。  NJAの大株主には星野みゆきという人物がいるが、出回っている怪文書によれば、彼女は女優・渡辺めぐみ(写真)の義理の妹とのことだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧