アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「在特会」ら排外主義デモに抗議する初めての院内集会

 昨日3月14日午後4時、参議院会館講堂で、「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会集会」が開かれた。呼びかけたのは有田芳生議員(民主党)をはじめ徳永エリ議員(同)、田城郁議員(同)、平山誠議員(みどり)ら11人の国会議員。「在特会」(在日特権を許さない市民の会)らに抗議する集会が議員会館で開かれるのは初めて。
「在特会」といえば、本紙では同会会長が、小沢一郎代議士の強制起訴に通じる告発を行った人物だとして取り上げたことがある。
その在特会関係者による集会妨害を警戒し、ピリピリしたムードが漂う中、会場には150人ほどの参加者がつめかけた。
 まず呼びかけ人の有田氏(写真)が集会の意図を説明する。「北朝鮮による拉致問題委員会に出席している。『朝鮮人を東京湾に沈めろ』と叫ぶ在特会を見た拉致被害者の家族が、『ああいうのは困る。何とかならないか』と語った」「在特会なんて放っておけばなくなる、と言う人が多いが、もう限度を超えている。今後、法務委員会でも取り上げていく」。
その在特会とは実際、どんな団体なのか。スクリーンに映像が映し出された。それは、京都朝鮮第一初級学校(日本の小学校に相当)に日の丸を押し立てて、「スパイの子ども」「朝鮮人は帰れ」と叫ぶ男たちの姿だった(左写真)。
 この間、在特会を追い続けたジャーナリスト・安田浩一氏(『ネットと愛国』著者)が説明する。「在特会は07年に500人で設立され、現在公称1万2000人。コリアンが政治家とメディアを支配していると妄想し、コリアンへの敵意をドライブにして行動をエスカレートさせています」「在特会を辞めた人に、どうしてこんなことをしたのか聞いてみた。『今まで味わったことのない高揚感があった』と。つまり集団の力で『朝鮮人を殺せ』と叫んで充実感を得ている。これは、ネット上で見られる『炎上』と似ています。深刻なのは、かれらは特殊な人々ではなく、ふつうの生活者であること。黒幕のいない、草の根の運動であることです」。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧