アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>米大学乱射事件「自室に学生なじるメモ チョ容疑者 精神的に不安定」(『東京新聞』4月18日夕刊)

●抗うつ剤の副作用の可能性はないか?  4月16日朝(日本時間同日夜)、米南部バージニア州の大学で銃乱射事件が起き、32名の尊い命が失われたのは既報の通り。  この32名は、99年に起きたコロンバイン高校乱射事件の13名の犠牲者数を大きく上回り、米国史上最悪の銃撃事件になったそうだ。  そのコロンバイン高校乱射事件に関し、本紙は05年11月23日、「タミフルだけじゃない。抗うつ剤の副作用の恐怖??米国コロンバイン高校銃乱射事件の犯人!?」なるタイトル記事を書いている。  そこで、今回事件を知った時もとっさに、「また抗うつ剤の副作用では?」と思い、大手マスコミ既報記事をその視点から目を通してみると、案の定、「東京新聞」に興味深い記述を見つけた(写真)。  赤線を引いた箇所に、容疑者は「うつ病で薬物治療を受けていたとみられ、次第に暴力的で突飛な行動をするようになった」との記述がある。  以前の記事中で副作用の詳細について述べたので繰り返さないが、あるいは、コロンバインの悲劇の教訓が生かされなかったということか。ことにわが国においては、その教訓がまったく生かされていないことは、やはり以前の記事で述べた。  米国で販売禁止になった副作用の強い薬がわが国では未だに堂々と売られているというのだから、まったくお話にならない。  そのわが国で起きた、川崎の男児投げ落とし事件に関しても、やはり副作用の可能性があるかも知れないとの問題提起を本紙はしたことがある。  米国のことだがら、この懸念が本当なら、ほどなく一部マスコミでは報道されることだろう。その際、わが国大手マスコミも必ず報じて欲しいものだ。 (写真=「毎日新聞」4月17日夕刊)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧