アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「アライヴコミュニティ」内紛の追加情報

 ヘラクレス上場の新築マンション室内コーティング総合施工会社「アライヴコミュニティ」(東京都渋谷区)の実施した第3者割当新株と新株予約権による資金集めの裏側について先に報じたが、新たな事実が判明したのでお伝えする。  これらを引き受けた「フォレスト・フォールディング」の正体についてだ。  そう、左謄本のように、「フォレスト・フォールディング」(東京都渋谷区)の代表である田中智氏は、何のことはない仕手筋大物・松尾隆氏が代表を務める「アーズレイアンドカンパニー」(東京都中央区)の取締役だったのだ。  本紙・既報のM氏とは、もちろん、松尾氏のことを指している。要するに、情報通りだったわけだ。  なお、同じく役員になっている西村稔二氏は東証2部「東理ホールディングス」の増資引受に登場している。一方、アーズレイアンドカンパニー並びに松尾氏は、近年は大証2部「ヤマシナ」(京都市)、ジャスダック「トランスデジタル」(東京都港区)、同「日本ファーネス工業」(横浜市鶴見区))等に登場。特にヤマシナからは約5億5000万円の貸金返還等の訴訟を起こされているのはご存じの通り。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧